▲ページトップ

鍵の修理、鍵開けは板橋区にある「アーアイ・鍵の修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンター」にお任せ下さい!

鍵の修理ならアーアイ鍵の修理盗聴器発見24時間サービスセンターにお任せください

緊急の鍵の修理、鍵の閉じ込めなどの鍵のトラブルなら鍵の修理のプロにお任せください。

0120-89-2469(フリーダイヤル)

鍵の修理、鍵開けはのことなら当社にお任せ下さい!

鍵の修理ならアーアイ鍵の修理盗聴器発見24時間サービスセンターにお任せください

カギ〔鍵〕のトラブル事例110番

鍵が故障する前に、何か鍵が普段使っているときと違う感じがすると思います。その時が、鍵を修理する時期です。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 1  
(鍵穴に油の注入による鍵の故障)

鍵の中に液体の油を入れる人が多いのですが、それはやめて下さい。

鍵の中には、スプリングが使われておりますので、油によって空中のほこりがスプリングの中にたまって、動きが最初はいいのですが、だんだん悪くなって故障をしてしまいます。

最悪の場合、ドアが閉まったまま鍵が故障してしまいますと、鍵交換するだけではなくて、ドアにドリルで穴をあけて、鍵を壊して鍵交換する必要がでてきます。

その場合、鍵の修理の費用も高くなります。鍵のトラブルは人の虫歯と同じく、我慢しても良くはなりません。早めの鍵交換・鍵の修理をお勧めします。

アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに連絡を頂ければ、すぐに伺います。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 2 
(お風呂場の鍵の故障)

お風呂場の鍵は、湯気でとても錆びやすく、鍵がすごく錆びてしまったら、 単なる鍵交換でわなく、鍵を壊して鍵の修理・鍵交換をする場合が多いです。

その場合は、料金も高くなります。ドアが閉まった状態で鍵が開かなく なった場合、風呂場のドアのガラスをわって鍵を開けて、鍵の修理・鍵交換を する必要がでてきます。さらに料金も高くなります。

鍵の修理・鍵交換は、早めにされたほうがいいと思います。

アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに連絡を頂ければ、すぐに伺います。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 3 
(トイレの鍵のトラブル)

トイレの鍵のトラブルは、昔のカギのタイプで、内側からスライド式にカギをかけるタ イプです。

トイレのドアを閉めた瞬間、内側の鍵が横に動いて、ドアのカギがかかってしまうケー スです。

その場合ドアに穴をあけて、ドアをあけて、鍵の修理・鍵交換をする必要がでてきます 。

早めの鍵交換をお勧めします。通常のトイレのかぎは、ノブの中央に溝がありますので、10円玉で溝を回してトイレのかぎを開けます。

アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに連絡を頂ければ、すぐに伺います。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 4 
(ドアガードのトラブル)

鍵{カギ}のトラブルでよくある例は、マンションに帰宅したときに、鍵{カギ}が開 かない、どうして?家の鍵{カギ}があるのに。
なんと内側からドアガードが掛かってドアが開かない。 しかし、当社に連絡をいただければ、すぐに現場にかけつけ、鍵{カギ}開け・鍵{カ ギ}修理を行います。
ドアガードが、ゆるんでいる場合に起こりやすいので、早めの交換をお勧めします。

アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに連絡を頂ければ、すぐに伺います。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 5 
(オートバイの鍵のトラブル)

オートバイでよくあるカギのトラブルは、いすのシートの中に鍵を入れてしまうケースです。

いすの下に鍵穴があるタイプは、ピッキングによる鍵開けによって、シートを開けることができます。

最近のオートバイは、いすの下に鍵穴がなく、エンジンキーのところでシートを開けるタイプが増えております。この場合、エンジンキーの鍵を作成しないとシートが開きません。

カギが見つからなくても、バイクのカギを作ることができますので安心してください。

もちろんバイクの鍵紛失も大丈夫です。

アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに連絡を頂ければ、すぐに伺います。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 6 
(車の鍵のトラブル)

車の鍵のトラブルでよくあることは、車の中に鍵を置いて車のドアを 閉めてしまうケースです。

最近の車は、リモコンによる操作で鍵の 開け閉めを行いますので、カギのトラブルは、だいぶ減ってきております。

車の鍵の防犯性能も高くなってきており、イモビライザー{電子チップ}を 装着している車も増えてきております。

イモビライザーを装着している車の 鍵を紛失した場合、鍵を作成することが可能ですけれども、車の中にある データをパソコンによって消去して、新たなデータをつくる必要がでて きます。

その場合、車の製造メーカーにあるデータは、使えなくなります。 ご自分の車が、イモビライザーを装着しているか、装着していないかを 確認しておいたほうがいいと思います。

カギの制作費が、だいぶ違いますので。

アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに連絡を頂ければ、すぐに伺います。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 7 
(浴室ドアノブの鍵の故障)

浴室ドアノブの鍵は、湯気でとても錆びやすく、浴室ドアノブの鍵がすごく錆び付いてしまったら、単なるドアノブの鍵交換でわなく、ドアノブの鍵を壊してドアノブの鍵修理・鍵交換をする場合が多いです。

その場合は、料金も高くなります。浴室のドアが閉まった状態でドアの鍵が 開かなくなった場合、浴室ドアのガラスをわって浴室の中からドアノブのカギを開けて、浴室ドアノブの鍵修理・鍵交換をする必要がでてきます。さらに料金も高くなります。

浴室ドアノブの鍵の修理・鍵交換は、早めにされたほうがいいと思います。

アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに連絡を頂ければ、すぐに伺います。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 8 
( 鍵の持ち忘れのトラブル)

最近の建売住宅は、ドアを閉めると自動にドアの鍵が閉まってしまう家が、ふえてきました。

そして、家族の人がつい外に出て家の鍵が閉まってしまい、家の中に入れなくなるケー スがでてきました。

そのときは慌てずに鍵屋さんに連絡をしてください。

また似たようなケースでは、朝家族の人を車で駅まで送って家に戻ってきたら、車を運 転した本人が、 家の鍵を持たなかったせいで、家の中に入れなくなるケースもたくさんあります。

そのときも慌てずに鍵屋さんに連絡をしてください。

アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに連絡を頂ければ、すぐに伺います。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 9 
( 金庫のカギのトラブル)

金庫のカギのトラブルでよくある事例は、金庫のダイヤルにガムテープを張って、 金庫のダイヤルの番号が動かないように固定して利用している時です。

ある日、金庫のダイヤルに張ってあるガムテープがはがれて、金庫のダイヤルの 番号が動いてしまい、金庫の鍵はあるのですが金庫のダイヤルの番号がわからなくて 金庫が開かなくなってしまうケースです。万一そのときは、鍵屋さんに連絡をしてくだ さい。

また乾電池を利用している金庫のトラブルも多いです。乾電池がなくなり暗証番号が使 えなくなり、金庫が開かなくなるケースです。その時も、鍵屋さんに連絡をしてください。

親が亡くなって、金庫の番号とか金庫の鍵が見つからなくて、金庫が開かないトラブル も意外に多いです。その時も、鍵屋さんに連絡をしてください。

アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに連絡を頂ければ、すぐに伺います。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 10 
( 合鍵のトラブル)

カギ〔鍵〕のトラブルでよく見かける例は、最近の鍵〔カギ〕はピッキング対策によっ て、防犯の性能がとても高く、精密にできており、合鍵屋さんで作った合鍵が、鍵穴に合鍵 をさしたけれどもうまくカギが回らないケースが増えてきております。

また鍵穴にさした合鍵が、抜けなくなるケースも増えてきております。

これらのケースの場合は、アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセン ターに連絡をしてください。すぐに鍵の修理・鍵の交換・鍵開けに伺います。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 11 
( 鍵の紛失によるトラブル)

鍵の紛失によるトラブルは、かなりあります。帰宅の途中で鍵を紛失したり、会社にカ ギを忘れたり、飲み屋さんで鍵を紛失したりして、家に帰宅したら、鍵が無いので家の中に入れなくな るケースがたくさんあります。

その時は、鍵開け・鍵交換・鍵修理はアーアイ・カギの修理・盗聴器の発見 ・24時間サービスセンターに連絡をください。

どこで鍵をなくしたかわからない時は、鍵の交換を勧めます。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 12 
( 鍵穴の中でカギが折れたトラブル)

車の鍵、バイクのカギ、金庫の鍵、ロッカーのカギ、家の玄関の鍵など、長年カギを使 用していると、 使用している鍵が劣化してきて、カギが鍵穴の中で折れてしまうケースが多いです。

特にコピーをした合鍵は、純正キーより材質が加工しやすいように硬くないので、折れ る場合が多いです。

もし鍵が鍵穴の中で折れてしまったら、鍵修理・鍵交換・折れた鍵抜きは、身近な鍵の 修理110番として、アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに 連絡を下さい。

すぐにお伺いします。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 13 
( 旅行から帰宅する時のカギのトラブル)

カギのトラブルでよくある事例は、旅行先から帰宅した時に、玄関のドアの鍵がなくて 家の中にはいれなくなるケースです。家の鍵は、旅行先からスーツケースの中にいれて 宅急便で送ってしまって、自分だけが早く帰宅をしてしまうケースです。

その場合は、 鍵屋さんに連絡をして玄関のドアの鍵を開けてもらってください。

アーアイ・カギの修 理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに緊急の連絡をいただければ、すぐに現場 に向かいます。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 14
( 部屋の住民との連絡が途絶えたトラブル)

カギ〔鍵〕のトラブル110番で最近増えてきた事例は、部屋の中で倒れていたり、部屋 の中で亡くなっていたりするケースです。

たとえば、毎日会社に来ている人が、突然連 絡も無く会社に来なくなり、心配をして会社の人が鍵屋さんに連絡をして、警察の人が立会いでドアの鍵開けを依頼されたりします。

また、両親が子供と連絡が取れないので、鍵屋さんに連絡をして、警察官立会いの下でドアの鍵開けを依頼されたりします。

アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターでは、このような場合すぐに対処しますので、連絡をしてください。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 15
( 突然のキャンセルによるトラブル)

家の鍵をなくしたので、大至急私の家に来て、家のカギを開けてほしいと依頼があった あと、しばらくして家の鍵が見つかったので、キャンセルをしたいとの連絡があります 。

このような場合、キャンセル料がかかります。出張代とか深夜料金がかかります。

家 の鍵が見つからない場合は、慌てずにもう1度カバンの中を見たりして、再度家の鍵を 探して見つからない場合、アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセン ターに連絡を下さい。すぐに現場に向かいます。

家の鍵を紛失して見つからない場合は 、鍵交換をお勧めします。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 16
(身分証と鍵の紛失によるトラブル)

自分の家の鍵をなくしたので、ドアの鍵を開けてほしいと依頼があります。現場に到着 すると、身分証を持っていない場合があります。1つ目のケースは、家の中に身分証が あるケースです。この場合、ドアの鍵を開けて、本人確認をします。
2つ目のケースは、家の鍵と身分証を失くしてしまったケースです。この場合、近所の顔見知りの人が立 ち会ったり、警察官の人が立ち会ったりします。いずれの場合もだめな場合は、家のド アのカギを開けることができません。
家のカギを紛失してしまったら、アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに連絡をください。すぐに駆けつけます。鍵が見つからない場合は、鍵交換をお勧めします。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 17
(家の鍵を置いていくトラブル)

外出をする時、家の鍵を郵便ポストの中に入れたり、水道メーターの中に入れたり、植 木鉢の下に置いて出かけたりする人がいます。
とても危険です。誰かに見られていたら、その鍵を利用して、家の中に侵入されてしまいます。家のカギは、必ずご自分で持っ て出かけるようにして下さい。
万が一、外出先で鍵を落としてしまったら、アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに連絡をください。すぐに駆けつけます。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 18
(職場にカギをおいてくるトラブル)

家の玄関の鍵を開けようとしたら、職場に鍵を置いてきて、家の中に入れないトラブル がたくさんあります。
そのようなカギのトラブルは、アーアイ・カギの修理・盗聴器の 発見・24時間サービスセンターに連絡をください。すぐにドアのカギを開けて、鍵のトラブルを解決いたします。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 19
(ラッチボルトの故障のトラブル)

玄関の鍵があって、鍵がまわるのに玄関ドアのカギが開かない。こんなカギのトラブル が、よくあります。この鍵のトラブルの原因は、ラッチボルトが動かないことにありま す。ノブまたはレバーを動かすとラッチボルトが普通動くのですけれども、故障によっ て動かない場合があります。いつもと何となくおかしいなと思ったら鍵の修理をする時 期です。

鍵修理・鍵交換は、アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセ ンターにおまかせください。すぐにお伺いします。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 20
(お店のシャッターのカギのトラブル)

お店のシャッターの鍵を開けようと鍵をさしたが、カギが回らない。よく鍵を見ると、 奥までカギが入らない。

このようなカギのトラブルが、よくあります。この原因は、シ ャッターの鍵を内側から閉める時に、中途半端な状態で閉めることが原因です。

シャッ ターのカギが開かない時は、アーアイ・カギの修理・盗聴器の発見・24時間サービスセ ンターに連絡をください。すぐに駆けつけます。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 21
(引戸錠のカギのトラブル)

引戸錠の鍵が、最近うまくかかりにくくなったとの事例が多くあります。考えられる原因として2つあります。

1つは、引き戸の建て付けがずれて、うまく鍵がかからないことが考えられます。2つめは、カギの本体が古く、鍵を交換する時期に来ていると思われます。

アーアイ・鍵の修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに連絡を頂ければ、すぐにお伺いします。

カギ〔鍵〕のトラブルよくある事例110番 22
(家の鍵があるのに鍵が回らないトラブル)

家の玄関の鍵を掛けて出掛けようとした時、鍵が回らなかったり、家に帰宅した時に玄関の鍵を開けようとしたら、鍵が回らないトラブルがよくあります。鍵の故障が考えられます。

鍵のシリンダーが壊れていたら、鍵交換が必要です。カギのケースが壊れていたら、鍵のケース交換が必要です。

このような緊急の場合、アーアイ・鍵の修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに連絡を頂ければ、すぐに鍵(カギ)のトラブルを解決しに現場にお伺いいたします。

カギの修理

ごあいさつ

当社ホームページをご覧頂きありがとうございます。

「アーアイ・鍵の修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンター」は急なカギのトラブル、また巷で急速に増えている盗聴・盗撮などのトラブル解決のため迅速、丁寧な対応でお客様に対応させていただきます。

まずは一度当社までご連絡下さい。

代表 並木俊浩

相互リンク

相互リンク募集中

当サイトはリンクフリーです。どのページにでも自由にリンクを貼って下さい。

LIXIL ウェブサイトへ @鍵屋