▲ページトップ

鍵の修理、鍵開けは板橋区にある「アーアイ・鍵の修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンター」にお任せ下さい!

鍵の修理ならアーアイ鍵の修理盗聴器発見24時間サービスセンターにお任せください

緊急の鍵の修理、鍵の閉じ込めなどの鍵のトラブルなら鍵の修理のプロにお任せください。

0120-89-2469(フリーダイヤル)

鍵の修理、鍵開けはのことなら当社にお任せ下さい!

鍵の修理ならアーアイ鍵の修理盗聴器発見24時間サービスセンターにお任せください

鍵の交換の注意点

鍵の交換するときの注意点

一般的な鍵の交換に関する注意点を上げてみました

ご参考にしてみてください!

代表 並木俊浩



鍵交換の注意点(1)
ドアのフロントの記号を見て、メーカーの名前と記号を見ること。
鍵交換の注意点(2)
扉の厚さを調べること。
鍵交換の注意点(3)

MIWAのメーカーですと、他のメーカーが、MIWA対応として作られている場合が多いです。

他のメーカーですと、その他のメーカーが、他のメーカー対応として作られている場合が少ないです。

鍵交換の注意点(4)

MIWA→問屋→鍵屋→お客様 (一般的な流れ)

MIWA→サッシメーカー→問屋→鍵屋→お客様 (注意が必要)

サッシメーカーを経由した場合、時間と値段と、他のメーカーが、対応として作られていない場合が多いです。サッシメーカーのオリジナル商品だからです。

鍵交換の注意点(5)
MIWAのBHまたはDZは、鍵を差した状態で鍵交換をします。
鍵交換の注意点(6)
自動ドアの場合、ドアをはずして鍵交換をすることが多いので、その場合は、鍵交換の 値段が高くなります。
鍵交換の注意点(7)

カギのケース交換の場合、ドアのはじから鍵の中心までの距離(バックセット)とフロントの縦と横の長さを調べる必要があります。フロントのビスピッチも調べます。

鍵交換の注意点(8)

サッシメーカーの鍵のケース交換の注意点は、ドアに2箇所カギがある場合、2箇所のフロントの刻印とドアに貼ってあるサッシメーカーの名前とドアを正面から全体に写した写真が、必要です。

鍵交換の注意点(9)

鍵を交換する時、ドアのフロントの板を外して作業することがあります。その時、ドアをうっかり閉めてしまうと、ドアが開かなくなることがあります。

作業中必ずドアが閉まらないようにする工夫が必要であります。

鍵交換の注意点(10)

鍵を新しく交換して合鍵を作成した時、ドアを開けた状態で合鍵がうまく回るかチェックをしてください。

最近のカギは、精密に出来ておりますので、合鍵を鍵穴にさしたが鍵が回らなかったり、鍵が抜けなくなったりする場合があります。ドアを開けた状態ですと、そのようなことが起こっても家の中に入ることができるからです。

アーアイ・鍵の修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンターに連絡を頂ければ、すぐに駆けつけます。

鍵交換の注意点(11)

メーカーの鍵の種類によっては、鍵のケースを分解して、鍵の交換をするものもありま す。

カギのケースを分解した時に、中のバネが飛び出してくる場合がありますので注意 が必要です。

鍵交換の注意点(12)

古い建物の場合、鍵が既に廃盤(製造が中止)になっていたりするケースがあります。

別の鍵(代替品)に取り替えることができる場合と、他のカギ(代替品)に交換することができない場合があります。

鍵の修理のことならアーアイ鍵の修理のフリーダイヤルに

カギの修理

ごあいさつ

当社ホームページをご覧頂きありがとうございます。

「アーアイ・鍵の修理・盗聴器の発見・24時間サービスセンター」は急なカギのトラブル、また巷で急速に増えている盗聴・盗撮などのトラブル解決のため迅速、丁寧な対応でお客様に対応させていただきます。

まずは一度当社までご連絡下さい。

代表 並木俊浩

相互リンク

相互リンク募集中

当サイトはリンクフリーです。どのページにでも自由にリンクを貼って下さい。

LIXIL ウェブサイトへ @鍵屋